全周囲360°&リアカメラドライブレコーダー『ZQ-32R』のご紹介

今回は、ユピテル製の全周囲360°&リアカメラドライブレコーダー『ZQ-32R』についてご紹介します。

ZQ-32Rの特徴

★自動駐車監視が搭載!
前モデルでは駐車監視をする際に、オプション品を別途購入しなければなりませんでした。
しかし『ZQ-32R』では、オプション品不要で、ドライブレコーダー本体に、駐車監視機能が搭載されています。
車両のACC ON/OFFとドライブレコーダー本体が連動し、駐車監視モードに自動で切り替わります。
駐車時や出発時にユーザーが操作する手間がいらず、切り替え忘れもなくなり便利で安心です。

★マイクロ波センサー『OP-MDS1』が使用可能!
別売オプション品で接近検知マイクロ波センサーがあります。
マイクロ波センサーにより車両周辺を監視し不審な動きを検出します。
従来の動体検知に比べ、より高度な駐車監視を実現し、不審なときのみ起動・記録できるのでバッテリー負荷軽減にも貢献する優れものです。

 

 

 

 

★高速録画を実現!
今回の機種より、起動時間が大幅に短縮されます。
以前はACC ON後、約8秒かかっていましたが、最速2秒で録画を開始できるようになりました。

★死角の少ないドライブレコーダー!
全周囲360°&リアカメラで、前後・左右・車内、さらに後方の詳細な状況を記録することができます。

 

 

 

 

その他スペックはこちら↓
・SDフォーマットフリー ・充実の安全運転サポート機能
・スモークガラス対応 ・地デジノイズ低減設計 ・映像鮮明化HDR搭載

 

ユピテルの新商品『ZQ-32R』の良さはお分かりいただけたでしょうか。

私はカーショップによく行くことがあります。どの店舗においてもドライブレコーダーのコーナーは広く、一番目立つ場所に置かれています。
そこで気になったのが、1カメラモデルよりも、2カメラモデルや、全周囲360°モデルのような高付加価値機種の陳列が多いということです。
販売店の皆様も、今回ご紹介した『ZQ-32R』のような高付加価値商品の提案を行ってみてはいかがでしょうか。
レーダー探知機も含め、まだまだ需要のある商品だと思います。

 

 

 

 

お問い合わせ等ございましたら、下記お問い合わせフォームまでご連絡ください。