2輪車のバッテリー点検について

オートバイで走るにはちょうど良い気候になってきました。そろそろ愛車の目を覚まさせようかとしている方も多いかもしれません。
オートバイに搭載されるバッテリーも消耗品です。その寿命は使用状況や環境に大きく左右されます。バッテリーを正しく理解して
事前にトラブルを防止しましょう。

*新品バッテリーの寿命は2~3年といわれています

寿命による突然のバッテリーあがりを防止するためにも2~3年周期での交換が安心です。

*ちょい乗りはバッテリーがあがりやすい

アイドリング時間が長い、近距離の通勤など、走行中の充電量よりセルスタートや灯火類の点灯で使う放電量の方が多くなるため、
バッテリーがあがりやすくなります。

*アイドリング中のバッテリーの充電状態

アイドリング中は、電気の充電量と消費量が均衡しているため、充分に充電できません。オートバイをカスタマイズして、電子部品や
灯火類を追加している場合は、消費電力が充電量を上回る可能性があります。したがって、暖機も極力走りながら行い、充電量を
増やすよう心掛けてください。

 

*車用とオートバイ用のバッテリーの違い

自動車用に比べ、オートバイ用は積載スペースが限られているので、コンパクト且つ軽量なことが要求されます。その一方で容量が
限られるため、自己放電による容量不足(バッテリーあがり)になりやすいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの季節、ツーリングや通勤でオートバイに乗られる方が多くなってくるかと思いますが、事前の点検をしっかりと行って、
トラブルのないオートバイライフをお楽しみください。