【新型セレナ】アルパイン11型カーナビ「BIG X」の贅沢さに迫る

こんにちは

やっと秋らしい温度になり、最近は過ごしやすい季節がやってきた気がしますね。

今回は猛暑真っ只中に発表されたアルパインのBIG Xを取り付けた新型セレナのデモカーが来社しましたので、写真を交えて見ていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが実機の11インチナビです。写真では少し伝わりづらいですが、普段7インチを使っている自分としてはものすごく大きく感じました。

少し前までは7インチのナビがついているだけでもすごいと思ったのに、最近ではメーカー純正でも8インチは当たり前、9インチや10インチ超えまで珍しく有りません。

C28セレナでメーカーナビは標準7インチとNissanConnect12.3インチが選択できます。

一見NissanConnect 12.3インチのほうが、アルパインBIG X 11インチより数字が大きく画面も大きいのかと思えますが、どうでしょう?

新型セレナを購入した際、ナビはどうしようとお考えの方のために、

2分でわかる画面アスペクト比の違いで変わる、映像の大きさを解説します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アスペクト比は縦と横の長さの比率のことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的にテレビやスマホの画面の大きさは対角線の長さで測り、アメリカでよく使われる「インチ」という単位で表します。(1インチ=約25.4ミリメートル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

重ねて見るとわかりやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対角線の長さで表記される「インチ」で大きさ決まるため、横に長い画面は一見、大きそうにみえるということですね

シネマサイズである21:9の映像を流すのであれば横長の画面は有利ですが、

一般的なテレビサイズである16:9の映像を流すときは画面が余ってしまいもったいないです。

 

アルパインBIG XはフルHD 解像度が1920x1080なので映像も驚くほどきれいでした。

ピッタリと収まる美しい外観、機能、操作性も抜群の内面で、今セレナに選択できるナビで一番贅沢なものではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんCD、DVD、HDMI、USB、SDカード等々も対応しています!

Apple Carplay、Android AutoはもちろんAmazon Alexaにまで対応という現代デジタルコンテンツの塊です!

 

 

 

 

 

 

C28セレナ専用で、USB、HDMIビルトイン接続用パネルも発売されます!

フィッティングは完璧で、もはや純正品のようですね

照らしているので分かりづらいですが、USBの差口は淡く光るので暗い足元でも、全く問題なしでした。

TypeAとTypeC両方対応しているのも嬉しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリップダウンモニターも接続できますので、後席に乗られる方を退屈させることは有りません!

 

11月発売予定!弊社でも取り扱い開始致します。

お問い合わせはこちらからお願い致します。