電解液(希硫酸)の取り扱いには充分ご注意を!!

いよいよ、本格的に冬の到来を感じる天候になってきましたね。
来週以降も北陸の天気予報はほとんどが雪マークです。
バッテリーの受注取りこぼしを避けるためにも、冬の在庫に切り替えていきましょう!

 

さて、『毒物劇物取扱責任者』をご存じでしょうか?
毒物劇物取扱責任者とは、簡単に言うと、毒物や劇物を取り扱う企業内で、保健衛生上の危害の防止に努め、管理することができる人のことです。

 

毒物劇物取扱責任者になるためには、各都道府県別に年一回実施している資格試験に合格しなくてはなりません。
試験内容は法規や基礎化学、毒物の性質や貯蔵方法などを問われる筆記試験で、合格率は40%ぐらいです。
専門的な知識を必要とする問題が多く、なかなか難しい試験だと思います。

 

しかし、私たち販売部営業スタッフの資格取得率は驚異の90%です。
私は5回ほど受験していますが、まだ合格できていません…。
「今年こそは合格するぞ」と強い気持ちで今この記事を書いています。

 

なぜこのような資格が必要かといいますと、私たちが取り扱うバッテリーの電解液(希硫酸)は毒物劇物取締法の規定対象品(液入り充電済みバッテリーは対象外)であり、電解液の販売には販売業の登録が必要だからです。
最近ではコンプライアンスが厳しくなり、非常に取り扱いが難しくなってきています。

 

保管時には施錠できる場所に!
注液作業は安全のため保護メガネ、ゴム手袋を着用!

お客様が安全に商品を販売していただくためにも今一度ご確認お願いします。

 

除雪車用、バイク用バッテリーを在庫している販売店様は充分取り扱いに気を付けて販売していただきたいと思います。
私たちが全力でサポートさせていただきます!

 

ご要望などございましたらお気軽にお問い合わせフォームまでお申し付けください。