使用済みバッテリーはどうしたらいいの?

自動車のバッテリー交換を行うと、必ず使用済みバッテリーが出てきますよね。

しかし、使用済みバッテリーをどこかに捨てるわけにもいかないし、どうしたら良いのでしょうか。

廃棄物処理法の広域的処理特例制度により自動車用使用済バッテリーを廃棄物として日本全国から回収しており、環境省広域認定を取得している、

〈鉛蓄電池再資源化協会(SBRA)〉をおすすめいたします。

<システム概要>

①利用のため排出者登録実施。(WEB / FAX等経由)

※登録は初回のみ        ※詳細  http://www.sbra.or.jp/pdf/sbra_brochureA4.pdf

②回収依頼をSBRAに実施(WEB / FAX等経由)

③使用済みバッテリーはSBRAが広域認定者として、法規に則り回収・解体を委託。

※使用済みバッテリーは回収業者に無償で引き渡され、

解体業者に持ち込まれる。その後解体業者で適正に処理され、精錬事業者にて再生鉛に精錬される。

※処理完了まで状況をWEBと廃棄物処理法に準じたマニュフェストを使ってシステムで管理。解体処理完了を管理表情報システムで確認。

 

近年、環境汚染につながる不適切な回収・分解処理が行われている可能性が社会的に問題視されています。

経済産業省もこの事を重く受け止め、自動車関連業界に対して使用済みバッテリーは適正処理が行える事業者にて対応するように要請しました。

GSユアサ並びに東亜電機工業としては 信頼のおけるSBRAでのシステムでの回収量が増えることが望ましいと考えます。