バッテリー交換時にはメモリーバックアップを!

今年も冬がやってきました。布団から出るのに時間がかかるという方も多いのではないでしょうか?

寒さ対策を万全にして冬を乗り切りたいものですね。

さて冬(12月~2月)は自動車バッテリーの交換需要が1年を通して最も高くなる時期です。

今回はバッテリー交換時の必需品「メモリーバックアップ電源」についてご紹介します。

車には時計やオーディオ、ナビゲーションの設定などバッテリーによってメモリー保持

されている部分が多くあります。また最近の車はECUで電子制御されている機能が多く、

バッテリー交換で電源が遮断されるとメモリーがリセットされ、走行や燃費にも影響を及ぼす

可能性があります。

そこで必要になるのがメモリーバックアップ電源です。商品本体に電池が内蔵されているため、

バッテリー交換時に車両と接続することで電源を供給し続けることができメモリーのリセットを防止します。

 

~弊社取り扱い商品 3177A-J(OTC社製)~

シガライターソケットに接続します。BatteryOK(緑色)のLEDが点灯すれば接続OKです

下記画像部分)

*OBDⅡコネクター接続ケーブルも付属しておりOBDⅡコネクターへの接続も可能です。

 

メモリーバックアップ電源を使用してバッテリー交換時のメモリー消去によるトラブルを防ぎましょう!

弊社では当商品以外にもバッテリー関連商品、機能商品など多種取り扱っています。

お気軽にお問合せください。