何でもできるコンパクトな画面付一体型モニタリングスコープ

狭いところに落としたボルトどこにあるんだろう?

ここの裏側ってどんな構造になっているんだろう?

車を整備していて、こんなことを思ったことはあるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら人間の手や目は細かいところが多い車の内部には届きません。

そんなときにこのモニタリングスコープを使えばお悩み解決です。

 

スコープのケーブルは1Mと3Mのものがあり、画像に写っているものは1Mのものです。

ケーブルは自由自在に曲げることができますが、柔らかすぎるということはなく、曲げた角度を維持することが可能です。

片付けるときはこの様に本体側面に巻きつけるところがありますのでコンパクトに納めることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

試しに机の引き出しの中にスコープを入れてみましょう

 

 

 

 

 

 

 

入れては見たものの狭いエンジンルームと同じ様に引き出しの中は真っ暗で何も見えません。

 

 

 

 

 

 

しかしこのスコープの先端にはLEDがついているため、ONにすればこのように暗いところでも明るく照らし中を鮮明に映すことが出来ます。

LEDの明るさも調整可能なのがうれしいですね。

 

 

 

 

 

 

また用途に応じて使い分けができる3種類のアタッチメントが付属します。

 

 

 

 

ものを引っ掛けるときにフック、ボルトなどをくっつけて拾い出すマグネット、まっすぐじゃなくてその横が見たいときに側視用ミラー、といろいろな場所で活躍することができます。

 

もちろん映像を画面に映すだけのスコープではありません。

本体にはSDカードを挿入することが可能で直接写真の撮影、録画し保存することができます。

またmicroSDカードに記録した写真や動画は、USBケーブルを接続することで直接パソコンに取り込むことができます。

さらに別途SDカードをお買い求め頂かなくても、16GBのmicroSDカードが同梱されているので、すぐにご使用頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

携帯、収納用ポーチもついていますので、出張整備にももってこいですね!

「とりあえずどんなものか。モニタリングスコープを試したい」

といった方は、先ずはこの商品をお試しください。

お問い合わせは横のリンクからお願いします。